赤ちゃんのために保湿剤を用意しよう!なぜ必要なのか?

2020年04月20日

赤ちゃんはお腹の中では胎脂という脂で覆われていますが、羊水の中にいても、肌は乾燥を防ぐ働きをしています。生まれたてのことは肌が潤っていて保湿の必要性がないと思う方もいるかもしれませんが、しかし実は、大人よりも薄く肌の水分が蒸発しやすい状況なのです。胎脂も生まれて24時間以内に消えてしまうため、その後はしっかり保湿をしないと肌は乾燥してしまいます。

赤ちゃんの肌はとてもデリケートで、乾燥するとすぐに湿疹やかゆみなどの肌トラブルが起こりますが、保湿をきちんとしてあげることでバリア機能を高めて肌トラブルを防ぐことに繋がります。また、肌が乾燥すると菌が体内に入り病気になりやすいと言われています。肌のバリア機能を高めることは、外からの刺激やウイルスに対しても抵抗力を高めるため病気の予防にもつながります。

むやみに石鹸を使って体を洗いすぎなければ肌のうるおいが保てるという考えの医師もいますが、洗浄力の強い石鹸を赤ちゃんに使用すると必要なうるおいまでも流してしまうため良くありません。弱酸性でお肌に優しいベビーソープを使用し、肌をこすり過ぎないようにしましょう。

お風呂上りや朝起きた時、寝る時など乾燥が気になるなら、1日2~3回保湿剤を塗る必要があります。ベビーワセリンなど赤ちゃんが使えるワセリンや、赤ちゃん専用のローションや乳液、ボディクリームなどさまざまな商品がでているので試してみると良いでしょう。

セラミドやヒアルロン酸など保湿成分が含まれているものは保湿力が高く塗ってから長時間潤いを保つことが出来、クリームとオイルの2つの機能を取ったオイルクリームは油脂が含まれているため通常の乳液よりも保湿力が高いです。肌が弱く乾燥しやすい赤ちゃんは皮膚科や小児科でヒルドイドやプロペトなどの保湿剤を処方してもらえるので、乾燥が気になる場合は医師に相談してみると良いでしょう。

夏は気温が高くなり、体の水分量が多い赤ちゃんは汗疹などのトラブルが起こりやすくなるため、汗疹などの肌荒れを防不成分の入ったローションでスキンケアをすると肌荒れ対策にもつながります。ただし、大人が使用する化粧品は赤ちゃんのデリケートな肌には刺激が強いため、赤ちゃんに使用すると肌荒れやアレルギー症状を引き起こす原因にもつながります。使用する場合は赤ちゃん用のスキンケア商品を上手に使い、乾燥が気になる季節はしっかりと塗り込んでお肌の潤いを保ち乾燥予防をしっかりとしてあげましょう。